« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

私はインチックが好きではない。

最近の中国に関するニュースを見て、怒りが込み上げてくるのは私だけでは無いだろう。

私は、ずる賢い華僑(intsik インチック)が昔から嫌いである。

それが今は華僑だけに留まらず中国人自体が嫌いになりつつある。

彼等は自分に非があっても謝る事をしない人種。

むしろ日本人が、何でも謝って良い関係を保とうとするお人好し人種なのか・・・

フィリピンにおける華僑[インチック・タガログ語(一般的に中国人の意味)]は

勿論、彼等は金持ち。

フィリピンで操業している日本企業は、フィリピン政府の言われるがままの納税をするが、

華僑は違うらしい。

私の知っている在フィリピンの日本人経営者の話によると、

華僑は税金を値切って納税すると言うのである。

華僑の経営するハードウェアショップ(金物店)にボルトとナットを買いに行った事がある。

指定したサイズのボルトはどれも錆ていたので値段交渉したのだが、

ビタ一文まけられないといった態度だったのでその店で買うのは辞めた。

日本流に言うと、客を客だとは思わず品物を売ってあげていると言った態度。

フィリピン人の場合は、客が日本人だと解かると[日本人プライス]を最初に提示してくる。

それから辛抱強く値段交渉をして納得のいく金額まで下げさせるのだが、

華僑の場合は交渉すら時間の無駄と諦める羽目になる。

ひと昔以上前の事だが、私が勤めている会社で中国人研修生を受け入れていた。

お昼休みに国際電話をしようと公衆電話に向かったけれど電話ボックスには先客。

顔を良く知っている中国人研修生である。

私はその研修生の電話が終わるのを電話ボックスの前で待っているのだけれど、

その研修生は私の存在を無視して、お昼休みの時間ずっと電話を独占していた。

恐らくその頃から中国人・インチックが嫌いになったのだろう。

仕事においても彼等は自分のミスを認めない、ましてや謝る事もしない人種なのである。

そういう国に人件費が安いから、物が安いからと言って

頼りきった日本は今や自分の首を締められている。

これから日本は中国の顔色を伺って行動するというのか・・・

[NO!]と言える日本は結局幻に過ぎなかったのか・・・

「かつお」を食べるなら?

ブログネタ: 「かつお」を食べるなら?参加数拍手

本日もお題を頂戴しました。

「かつお」を食べるなら?

つまり、鰹のタタキなのか刺身なのか、はたまた違う食べ方なのかを尋ねているのだけ

ど、鰹と言えばやはりタタキでしょう。

ここ群馬県は海の無い土地。

海の近くに住んでいる人々みたいに、本当に新鮮な魚介類を食する事が無い。

私は海の近くで生まれ育ったので魚大好き人間なのだが、こちらに越して来てから

魚介類を食する事がメッキリ少なくなった。

その代わりキャベツやほうれん草、小松菜の消費が増えた様な・・・

酒のツマミとして刺し身やサーモンのマリネを食べるくらいの消費量。

本当に少ないと思う。

む、か~し、昔。

フィリピンである程度金持ちの部類に入るあるお宅のクリスマスパーティに

誘われた事が有った。

庭の木々に付けられたクリスマスライト。

決して大きな家では無いが、白くお洒落な感じのする家。

フィリピンのこ汚い家や道路のあちこちにある犬のウンチに慣れ親しんでいる私には、

別世界の様だった。

酒も入り話も盛り上がっている時、魚が有るからsasimi食べようとそこの主が言って

出した魚は紛れもない鰹だった。

練り生姜では無くワサビ醤油で一切れの刺身を口に運んだ瞬間、

思わず吐き出してしまった。

刺身が口の中で粘着くのである。

恐らくクリスマス用に何日も前から冷蔵庫に入れていたのだろうが、

それを刺身として食べさせようと考えるのはあまりにも無知。無知過ぎる。

その瞬間から場がシラケてしまったのは言うまでも無い。

フィリピンでは野菜でも魚でもマーケットで時々水を掛け、新鮮に見える様にして

売っている。

彼等は野菜や魚を生で食べる習慣が無いからそれで良いのかも知れないが、

私は生野菜も刺身も好きな人間なのでその事が残念でならない。

フィリピンでの流通の発展を期待したいが、そこはフィリピン。

急ぐという事は無縁の国なのである。

私たち日本人がセッカチ過ぎるのかな・・・・

そういう私もフィリピンでスローライフを実現したい一人であるという事は、

将来も今と同じ様に、日本とフィリピンのギャップに悩まされるのだろう。

美味しかったな~

  突然ですが・・・

フィリピン料理[ティノーラ・スープ]の紹介です。

75f167b40f46147e93fded74d1e220a8_4

このスープは鶏肉とパパイヤのティノーラ・スープ。

フィリピンでは一般的に食べられている家庭料理。

フィリピンや沖縄では青パパイヤ(熟していないパパイヤ)を野菜として調理します。

このスープは生姜が効いていて、寒くなってきた夜には最高。

ンーn アン マサラップ(美味しい)sign03

このスープ昨日友達の奥さんが作った一品で、気になるパパイヤの木の

青パパイヤを5個程使っています。

でも違うのですsign03

私が食べたいのは熟した、あの黄色いパパイヤ。

そのまま食べても美味いし、野菜サラダに入れても美味しい黄色いパパイヤなんですが、

恐らく友達の奥さん、一刻も早くパパイヤが食べたくなったのでしょうね。

フィリピンチャンネルのニュースでは、

早くもフィリピンのクリスマスに欠かす事の出来ないパロールを売っている店を紹介

していました。20091120_1417587

日本ではこの時期にまだ早いって感じですが、

フィリピンではカレンダーにberが付く9月(Sept.)から首を長くしてクリスマスを待っています。

私の子供達と妻の親、姉妹も私達がクルシむのを待っていマスweep

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »